スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空と日本終了のお知らせ 捏造放送?詐欺放送?フアシズム放送 、腐ったテレビNHK

29 08, 2011 Tag,民主党,日本終了,NHK捏造放送

なんか気持ち良く青空が広がる今日という日でございますが、日本終了のお知らせです。

小沢グループから推薦人を借りた馬淵さんは、決起集会で「決選投票では増税反対などの政策の近い海江田氏に投票する」と実際は表明していた。NHKは決戦投票寸前に、馬淵氏は海江田氏以外に投票を指示と大々的に報じた。Twitter、携帯などを通じてこの情報が流れていたはず。これで中間派が大きく野田に流れたんだとさ。NHK もご臨終。

まあ、事の本質が見えず、騙されるボンクラが大多数だから、今更こんな事がわかっても、しょうがありません。益々自分の身は自分でという時代に突入です。皆さんも、わざわざ自分でお金を払って騙されない様にね。






青空

日本終了


関連記事
スポンサーサイト

復興とは何?東北の食材を食べて支援??

27 08, 2011 Tag,復興,飯館村,自由報道協会,記者会見,静岡お茶,セシウム

アップした動画は飯館村の人々の記者会見です。(十分くらいから始まります。)テレビ新聞などが伝えない彼らの実情を知っていただきたい。彼らは大部分の国会議員よりよほど勉強しています。危機感の共有が無ければ、復興などありえません。会見の最後に「復興という言葉を安易に使ってくれるな」という訴えが重く響きます。

福島の食品を食べて支援をという安易な情報が飛び交っているが、数値も発表されていない物を摂る事は事態を益々混乱させるだけだと自分は考えています。大人は食べて支援すべし、という意見もありますが、子供を車に置いてパチンコに興ずる親のいる時代です。大人が食べるにしても年間被曝が1ミリシーベルトに収まる事を前提とした食品のベクレル数が表示されるまでは止めるべき、そうした行為が食品表示の適正化の為のプレッシャーになるとおもいます。一時、小出さんも大人が食べるべしと強調していましたが子供たちを守る為、最近はそうした発言は控えている様です。

静岡に居ると人々の緊張感の無さに唖然とします。お茶にセシウムが出た事はご存知のはずですが皆さん全く安心しています。基準値以下という事で具体的な数値など積極的には発表されていません。実際の数値は県のホームページにひっそりと載っています。




六月七日、九日 発表 静岡ホームページよりお茶ベクレル数


関連記事

東京大学児玉龍彦教授緊急記者会見

24 08, 2011 Tag,東京大学,児玉龍彦教授

もう腐りきって腐臭漂う大マスコミであります。日刊ゲンダイ GOOD JOB‼ 爪の垢でも煎じてのませたい。「マスコミも学会も機能不全」と一刀両断

 国の放射能対策の怠慢をめぐり、「満身の怒りを表明します!」と国会で議員らを叱り飛ばした東大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授(58)。このときの映像は動画サイトで54万回も視聴され、話題を呼んだのは日刊ゲンダイ本紙も報じたとおりだ。その児玉教授が22日、東大先端科学技術研究センターで緊急会見を開いた。
 今月15日、菅首相の意向で官邸に呼ばれた児玉教授が、菅や細野原発事故相にどんな進言をしたのかをマスコミに詳しく説明するためである。
 児玉教授によると、菅への提言の論点は大まかに3つ。
(1)放射線や地下水への漏出を遮断できる障壁「人工バリアー」を地下に建設し、セシウム汚染土壌の処分場とする
(2)ガンマカメラやCCDカメラを使ったベルトコンベヤーによる食品検査システムの開発と加速化
(3)無人ヘリコプターを使った地上10メートルからの放射能汚染マップの作成。
 
いずれの実現にも国策としての取り組みが絶対不可欠だが、児玉教授は「その後の進捗については懸念している」と言い、こう訴えたのだ。
「菅総理に会ったときに、これはぜひやってくださいとお願いした。しかし、総理がそのことについて動かれたかというと、私はまだ存じていません」「汚染土壌の処分と保管は、すぐさま国策としてやるべき問題なのに、国会の会期が閉会するという。私には全く理解できない! 国会は一体、誰のためにあるんですか! 同じことを、きょうも申し上げなければならないことに……」

 こう言って声を詰まらせ、目を真っ赤にした児玉教授。これまで国会や勉強会でも熱血漢ぶりを見せてきたが、今回、その憤りは、連日バカ騒ぎが続く民主党代表選とマスコミにも向けられた。
「民主党は政権党だから代表を選ぶことをやっても構わないが、国政は国民のためにあるのではないのですか!……(再び声を詰まらせ)マスコミの報道も大きな疑問です。これだけ福島県や関東各地で原発事故による異常な事態が進んでいるのに、まったく住民本位の報道がなされていません」「妊婦や子供の安全を守り、国土をどこまできれいにするかという問題が、総理選びの基準になっていない。小沢派か仙谷派かなんて、どうでもいいことだと思います。政府だけでなく、学会やマスコミも機能不全を起こしています
 児玉教授はまた、こうも主張している。
「現在の原子力政策および、原子力災害に対する決定がほとんど原子炉関係者によって行われている。しかし、今までの失敗に責任を持つ人が、これからの政策を決めるのはやめてもらいたい」
 今後はゲノムやイメージング(視覚化)、コンピューターなど各分野の研究者、民間企業も含めた「清新でチェック可能な専門家委員会」の設置を主張するのだ。
 児玉教授と会った翌16日に本屋を訪れ、今さらのように「緊急解説!福島第一原発事故と放射線」を買った菅に、児玉教授の訴えが届いているのかどうか。


関連記事

問題は俎上にのってる?

23 08, 2011 Tag,福島第一原発,内部被爆,セシウム,子供,武田邦彦,岩上安身

世界も日本も風雲急を告げています。金は1オンス 1000 ドルを超える事は無いなどと言われていましたが 1500 ドルを超えてからこの二ヶ月で遂に 1900 ドルを突破、世界経済大混乱、国内では震災後五ヶ月たっても政府、官僚、国会議員、マスメディア、東電、財界、学者たちは問題点(放射能の事)を正面から議論のテーブルの上に置く事さえできていません。

この頃は一見怪しげなと世間から思われている人々の意見の方がまともと感じる事があります。固定観念から逃れ柔軟に思考する為に、フィンランドの小学生が作ったとされる正しい議論をする為の決まりでもご覧のうえ、武田さんのお話を聴いてみてください。
1. 他人の発言をさえぎらない
2. 話すときは、だらだらとしゃべらない
3. 話すときに、怒ったり泣いたりしない
4. わからないことがあったら、すぐに質問する
5. 話を聞くときは、話している人の目を見る
6. 話を聞くときは、他のことをしない
7. 最後まで、きちんと話を聞く
8. 議論が台無しになるようなことを言わない
9. どのような意見であっても、間違いと決めつけない
10. 議論が終わったら、議論の内容の話はしない








テーブル 平面だし

横削り


関連記事

三回目の敗戦

15 08, 2011

日常の些細な出来事の記録としての木工屋のブログも始めてもう7年目です。当初は草花の写真や工房の移転、家具作りの事などがその中心でした。しかし小泉、竹中改革の頃から、一色に染まるメディア報道や世の中の風潮に違和感を感じ、政治や経済、メディア問題に言及する記事の数が増えていきました。そして毎年やってくる敗戦の日ですが、特にその事について取り上げた事はありませんでした。

戦後日本は戦前、戦時中、何を間違えて惨禍を引き起こしたかを国民が反省する事なく、よそから頂いた平和憲法と民主主義のもと繁栄を極め、バブルの崩壊に至り、再び自らの指針を失いました。しかし敗戦の経験をいかせなかった事と同様に失敗の事実を見据える事もなく、よそから頂いたパラダイム(グローバルスタンダード、規制改革、)に乗せられ金融至上経済に突入し、リーマンショックで再び痛い目をみたばかりです。『これは二度目の敗戦だな』と思ったものでした。

リーマンショック以降このインチキ経済は早晩崩壊する日がやがて訪れ、周りの空気を読む事ばかりに懸命で自分の頭で考え価値判断できない日本はかなりヤバイと考えていました。それが震災と原発事故という形でやってくるとは思いもしませんでした。そして世界の情勢をみても経済的にも政治的にも行き詰まり、日本の惨禍に追い打ちを加えそうです。

そして震災から五ヶ月がすぎさり、本日『敗戦の日』を迎えたわけです。震災後の日本を観ていると、またしても都合の悪い事実を直視する事なく、東日本以外の地域では何事もなかったかの様に花火を楽しみ、高校野球を楽しみ、夏休みを満喫する人々がいます。何ともシュールな夢の国であります。

私が考える今一番大切な事は汚染された土地に何万もの人々がいまだに捨て置かれている事をすべての国民が自分の事として受け止める事、特に子供と妊婦さんや若い人は一時的にでも放射線の影響のない場所に移動させてあげる事だと思う。その為にも科学的な態度で正しい情報を住民に伝え、自分で行動を起こせる機会を与える事です。この五ヶ月その判断材料さえ意図的に隠されています。すべての国民に真実を伝え「どんなに金がかかろうが、困難だろうが人々を救うんだ」という共通認識ができあがってはじめて復興という言葉が使える。無かった事にしてやり過ごせる事態ではないし放置すれば必ず痛い現実が近い将来我々の眼前にあらわれます。

しかし震災後、政府も東電も報道もうそを垂れ流し未だにその姿勢は変わりません。最近話題の怪しいセシウム米のテロップが流れた事件の人々の反応とその顛末は事が二重にねじくれていると思う。放送を流したテレビ局の人間の本心は今年の東北米は汚染されて危ないと思っているからこそできたテロップで本来なら自分たちの本心「危険の可能性がある」事を伝えなければいけない筈です。しかし「ハリボテの事しか伝えない」が彼らのスタンスですから事故で本心が流れてしまったというのが実際に起った事だと思う。世の中の反応は「本当の事を言ってけしからん」というおかしな事になっています。

戦後二回も総括に失敗したのは何も指導的立場にある人々だけの問題ではなく、自分の頭で考えず、空気を読み、お上に指示されないと行動できない大部分の聞き分けの良い羊の様な国民にも責任がある。自分でも原発震災後は科学的知見を得ようと小出さんや様々な科学者の情報を入手したが知らないうちに小出さんやその他学者に正解を求めてしまいがちな自分がいます。自分にも染み付いた日本人独特の誰かエライ人に答えそのものを求めてしまう傾向があります。情報は情報として受け取り自分で判断したいものです。実はこうした日本人に染み付いた頑固な思い込みは外部からみれば一種の宗教みたいなもので本人が信じ込んでいる宗教を本人は宗教と思っていないので始末が悪く、どんなに騙されても政府や役人の言う事は素直に信じ、 TV や新聞の報道を未だに信じ、今の世の中の問題提起まで新聞や TV の報道にしていただき、引きずられしまっている事さえ気が付かない。これだけ世の中に悪い空気を吹き込んでいる新聞一つ止められない。そんな小さな行動一つ起こせない。「いやな事は観ない事にしよう日本」という宗教に取り憑かれた我々自身がこのまま変われなければ三回目の敗戦を迎え、「劣等国家日本」という看板をぶらさげた夢見る奴隷としての民がわれわれの近い未来の姿なのかもしれない。

肘

関連記事

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
  • banner.jpg
  • [ラジオ版学門のススメ]
カテゴリー
最近の記事
タグクラウドとサーチ

> tags
野鳥撮影 サギ スケッチアップ 2011小国神社紅葉 木工教室 ウワズミザクラ ジョウビタキ ヒヨドリ ツグミ カシラダカ ルリビタキ ホオジロ 薪ストーブ 坂口恭平 蝶トンボ 鶴ヶ池 テレビ台 スツール 平智之議員 生きる技法 生きるための論語 今を生きる親鸞 原発危機と東大話法 キャビネット ヤマガラ イージーチェア Full Moon Super カラスエンドウ 白いレンゲ 小国神社の桜 つつじ 石楠花 川鵜 モミジイチゴ スミレ つくしんぼ シジュウカラ コゲラ カワラヒワ 東日本大震災 子供 福島第一原発 内部被爆 木製ベンチ オオジュリン スズメ エナガ アオサギ SketchUp cad カモ コハクチョウ カイツブリ モズ 鈴木宗男 高野箒 ソファー TPP 中野剛志 ジョン・ルーリー 秋桜 ヤマトシジミ 除染 ウラナミシジミ ベニシジミ キチョウ モンシロチョウ 木のベンチ 中手聖一 小出裕章 大野更紗 困ってるひと Byrne David TV テレビ Fink 911 メディア誘導 言葉狩り 311 IWJ 上杉隆 岩上安身 自由報道協会 NHK捏造放送 民主党 日本終了 静岡お茶 記者会見 セシウム 復興 飯館村 岩井俊二監督ドキュメンタリー 武田邦彦 福島 尿検査 牛肉 お茶 東京大学 児玉龍彦教授 ABCC 放射線 放医研 名古屋大学名誉教授 沢田昭二 20ミリシーベルト問題 伊藤隼也 西尾正道 内部被曝 矢ケ崎克馬琉球大名誉教授 孫正義 石橋克彦 後藤政志 アマサギ 袋井市 放射線汚染地図 NHK マスメディア 原発マフィア 小佐古敏参与 田中優 枝豆 浜岡原発 東北関東大震災 原発事故 原子力資料情報室 福島原発事故 TTP コチドリ 磐田市大池 ホトケノザ ウメ ケリ タシギ ソシンロウバイ 初音ミク 家具作りを目指す若者 ジョビタキ チョウゲンボウ 紅葉 小国神社 セキレイ ニレ テーブル チョウトンボ シライトソウ キキョウソウ 桔梗 秋葉山 TV台 twitter ustream ソーシャルメディア すみれ

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
プロフィール

sky saw

  • Author:sky saw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。